小林教授がICMU2018(ニュージーランド、オークランド)で論文発表(2018年10月5日)

小林教授がオークランドで開催されたICMU2018(The 11th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking)で、”Dementia Diagnosis System Using Social Media Agency Robot”というタイトルでポスター発表を行いました。
ロボットとのコミュニケーションから認知症の予兆を検出する方式の新しい提案をしました。今後の展開等について、たくさんの建設的な意見をいただきました。発表を聞いてくださった皆さん、ありがとうございました。

詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × five =