小林教授の投稿論文がICCE-Berlin 2019にアクセプト!!(2019年7月22日)

小林教授が投稿していた論文、”Dementia Screening System based on SNS Agency Robot”が、9TH IEEE International Conference on Consumer Electronics in Berlin にアクセプトされました!
本論文では、小林教授らがこれまでに開発した、SNSを利用し高齢者と若者の間のコミュニケーションを円滑に行うSNS仲介ロボットに、人工知能(AI)との会話による認知症診断方法を付加し、診断結果を高齢者の家族等にSNS仲介ロボットを通じて通知するシステムを提案しています。
また、本システムを長崎大学病院での評価実験を通じ得られた結果と医師による診断結果に相関関係があることを本論文において証明しています。
本会議は、2019年9月8日から11日にかけて、ドイツベルリンにて行われる予定です。
詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen + two =